顧客本位の業務運営に関する原則

グローバル・アライアンス・リアルティ株式会社(以下「当会社」といいます。)は、平成29年3月30日に金融庁から公表されました「顧客本位の業務運営に関する原則」を採択し、当会社の取組方針を以下のとおり示します。
 なお、この「顧客本位の業務運営に関する原則」にいう「お客さま」とは、当会社の取引の直接の相手方としてのお客さまだけでなく、最終受益者としてのお客さまも含みます。

  1. 1.お客さま本位の業務運営に関する方針の策定・公表等

    当会社は、金融事業者として、お客さま本位の業務運営を実現するための経営方針として「お客さまの最大利益達成」を目指すことを掲げ、ホームページ等で公表しております。
     また、当該方針に係る取組状況につきましては、外部の専門家による客観性のある内部監査を通じて検証しており、内部監査において指摘事項がある場合には改善案を策定し、定期的な見直しを行います。

  2. 2.お客さまの最善の利益の追求

    当会社は、金融事業者として、高度の専門性と職業倫理を保持し、お客さまに対して誠実・公正に業務を行い、お客さまの最善の利益を図ります。
     また、当会社は、こうした業務運営が企業文化として定着するよう努めます。

  3. 3.利益相反の適切な管理

    当会社は、金融事業者として、2つの業務上の利益相反取引防止措置を以下のとおりあらかじめ策定し、利益相反を適切に管理しております。

    ①3業務に係る顧客間の利益相反取引防止ルール

    当会社は、「投資法人資産運用業務」、「投資一任業務」及び「投資助言業務」の3業務について、お客さまの間において発生する可能性がある利益相反取引を防止するための措置を定めております。

    ②スポンサー関係者取引ルール

    当会社は、当会社の総株主の議決権の5%以上の議決権を保有する株主等を「スポンサー関係者」として取り扱い、「スポンサー関係者」の利益のために取引が行われることを防止するため、一定の取引基準及び手続を定めております。

  4. 4.手数料等の明確化

    当会社は、金融事業者として、名目を問わず、お客さまが負担する手数料その他の費用の詳細を、当該手数料等がどのようなサービスの対価に関するものかを含め、お客さまが理解できるよう情報提供いたします。

  5. 5.重要な情報の分かりやすい提供

    当会社は、金融事業者として、お客さまとの情報の非対称性があることを踏まえ、上記の4.に示された事項のほか、当会社が提供する金融商品・サービスの販売・推奨等に係る重要な情報をお客さまが理解できるよう分かりやすく提供いたします。

  6. 6.お客さまにふさわしいサービスの提供

    当会社は、金融事業者として、お客さまの資産状況、取引経験、知識及び取引目的・ニーズを把握し、お客さまにふさわしい金融商品・サービスの組成、販売・推奨等を行います。

  7. 7.従業員に対する適切な動機づけの枠組み等

    当会社は、金融事業者として、お客さまの最善の利益を追求するための行動、お客さまの公正な取扱い、利益相反の適切な管理等を推進するため、全従業員を対象とした社内のコンプラインス研修を実施するとともに、社外のコンプライアンス研修への参加を推奨しており、コンプライアンス意識の醸成及び向上に努めております。
     また、コンプライアンスに関する意識・実践状況等を従業員の評価の指標の一つとして位置付けております。

以 上

なお、当会社が資産運用を受託している「グローバル・ワン不動産投資法人」のガバナンス体制、基本方針、運用方針(成長方針、財務方針、分配方針等)、運用報酬体系等につきましては、当該投資法人の有価証券報告書、ホームページ等で公表しております。

このページの先頭へ